このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

 

江戸情緒を今に伝える粋な街、浅草。 そんな伝統の街にひっそりとたたずむ味わい深い料亭。

浅草は、「江戸」の昔より今も変わらぬ憩いの街でございます。

弁天山の除夜の鐘と共に初詣りきから歳の市迄、四季を通じ催事の無い月はございません。

取り分け五月の三社祭は若人の血が湧く十八日(現在は交通事情のため日曜日に執行)、宮神輿三体が午前六時を期して宮出しが行われます。その人並みと勇ましいかけ声は、躍動感に満ち溢れております。

まず雷門より清楚で整頓された全国唯一の商店街仲見世、宝蔵門(仁王門)を出て左が五重塔、正面の浅草観音堂を参詣し、右隣が三社権現浅草神社でございます。

五月の例大祭三社祭をご覧頂きましたら観音様の裏側が浅草の花街(観音裏)、その見番の前に瓢庵でございます。

玄関を一歩入ったときから、懐石瓢庵の静かな主張が伝わってきます。懐石の持つ伝統をあくまで生かしながらも、集う人に心からの安らぎと楽しい一時をお過ごし頂く。

単なる贅を求めることなく、静かな趣きに満たされた一部屋、一部屋に伝統のおもてなしの心が息づきます。

懐石瓢庵のおもてなしの基本は「割主烹従を主とする」です。

あくまでも日本料理の原点を大切に、いつもその季節、季節の旬の素材を生かし、手を入れさせてもらうという心を大切に料理しております。

舌で楽しみ、眼で味わう、そして時を忘れて語らう、それが懐石瓢庵の美味です。

浅草観音裏・法事・披露宴
投扇興
芸者さんに手ほどきを受けて、投扇興もお楽しみ頂けます。
芸者
お座敷遊び、芸者。
料亭ならではの演出です 
お知らせ
 
浅草ウエディング
「NHK英語でしゃべらナイト」のパックンと日本で始めて外国人の芸者さん沙幸さんと瓢庵の女将さん。外国のお客様に大受け。   瓢庵ウエディング。浅草神社・和装挙式   近くの浅草神社へ人力車で。   お土産に当店の珍味はいかがですか? お取り寄せもできます